ダブルベッドを使って快適な睡眠環境を実現

ダブルベッドっていいの、それとも悪いの?

ダブルベッドの良い点はここ!

 

ダブルベッドを部屋に導入しようとする人たちに、まずはダブルベッドの良い点と悪い点を知っておいてほしいと思います。

 

ダブルベッドは、当たり前のことではありますが、シングルベッドやセミダブルベッドよりもずっとずっと大きいです。
そのため、特に体の大きいひとが一人で寝たり、また新婚のご夫婦が二人で寝たり、ということであれば、非常に有用です。

 

セミダブルベッドの場合は、二人で眠るのは少し厳しいサイズですからね。
そのため、広々とした快適な睡眠環境が約束されます。また、シングルベッドを二つ置くよりも、ダブルベッドを一つおいただけの方が、場所はとりません。

 

 

ダブルベッドの悪い点はここ!

 

ただし、この「大きさ」は、時にマイナスにもなります。

 

セミダブルベッドのサイズは、幅が1メートル220センチ、長さが1メートル950センチ(一般的なサイズ)であるのに比べ、ダブルベッドは1メートル400センチで、長さが1メートル950センチです。

 

つまり、ダブルベッドの方が一回り大きいわけです。シングルベッドと比べると、幅は1.5倍ほどにもなります。

 

そのため、部屋が狭いアパートなどだと、ダブルベッドを一つおくだけで、寝室のスペースがすべてつぶれてしまうこともあるほど。このため、ダブルベッドを部屋にいれたいというのであれば、自分の寝室のサイズを把握しておく必要があります。