セミダブルのベッドをうまく活用する方法

セミダブルベッド、寝心地はどうなの?

セミダブルベッドを二人で使う

 

セミダブルベッドは、名前からして「ダブル」であるので、二人で使う、ということを考えるひとも多いのではないでしょうか。特に、都心部のマンション暮らしなどですと、部屋の狭さも相まって、シングルベッドを二つおいたり、場所をとるダブルベッドをおいたりするよりは、セミダブルベッドを一つおくだけにしたい、というひとも多いかと思います。

 

ただ、二人でセミダブルベッドを使うというのは、かなり勇気のいる決断だと思った方がいいです。

 

というのも、私もまだ若いころ、セミダブルベッドで二人で寝ていたことがあるのです。でもこれ、相当しんどいです!お互いの体がベッドからはみでてしまいます。
まだ畳敷きのところに、セミダブルベッドサイズの布団を敷く、というのであればいいのですが、「セミダブルベッド」の場合、落ちた部分に血がたまり、かなり苦しいです。

 

セミダブルベッド活用方法

 

ただし、セミダブルベッドを「二人で寝るためのもの」ではなく、「一人で寝るためのもの」、あるいは「子供と大人一人で寝るためのもの」だと割り切れば、これはかなり心強いです。
シングルベッドよりもセミダブルベッドの方が広いですし、快適で寝心地もいいです。
お金と場所に余裕があるのであれば、シングルベッドよりもセミダブルベッドを選んだ方が良いでしょう。

 

セミダブルベッドが悪いというわけではなく、使い方の問題です。

セミダブルのベッド、メリットとデメリットは?

セミダブルのベッドのメリットはこんなところにある

ベッドのサイズというのは、想像以上にたくさんあります。シングル、ダブル、クイーン、キング…。私たちがぱっと思い浮かぶだけでもこれだけのサイズがあります。

 

でも、今回取り上げたいのは「セミダブルのベッド」です。

 

セミダブルのベッドは、ダブルベッドに比べるとかなり狭いです。そのため、一人暮らしで、かつ体格が大きい、というひとの場合は、ダブルほど部屋のサイズを圧迫せず、かといってシングルベッドほど狭苦しくなくて、快適に睡眠をとることができます。
また、都会などで住んでいる二人暮らしのひとの場合、部屋の面積の関係から、ダブルベッドよりもセミダブルのベッドの方が利便性が高い、ということも考えられます。

 

セミダブルのベッドのデメリット

反面、セミダブルのベッドにはデメリットもあります。というのも、やっぱり「ダブルベッドに比べて非常に狭い」ということがあげられるんですね。

 

実は私は、セミダブルのベッドのサイズで二人で寝ていたことがあります。

 

ただこれだと、二人で寝るにはかなり狭いです!片方の足がいつも下に落ちてしまう、ということも珍しくありませんし、常に背中と背中がくっつくような感じになってしまいます。
これでは、いかに親しいひととであっても、かなり苦しいものですよね。特に、「寝る」ということは、毎日のことなのでなおさらです。