ベッドテーブルの用途や上手な使い道って?

ベッドテーブルってどんなもの?

ベッドテーブルってどんなもの?

 

「ベッドテーブル」という名称には、聞き覚えがない、というひともいるかもしれませんね。

 

「ベッドサイドに置いてある机のこと?でもそれってサイドテーブルって言わない?」
「ベッドとテーブルが一体化しているものなの?そんなものあるの?」

 

こんな疑問が浮かぶのも、当然かと思います。実際に、お恥ずかしながら私も、そんな風に思っていました。
今回は、まずはこの「ベッドテーブルってどんなものか」という疑問に答えていこうと思います。

 

ベッドテーブルってこういうものです!

ベッドテーブルというのは、多くはキャスターがついており、ベッドの上にたぐりよせることができる机のことを言います。ベッドに寝た切りの状態のひとであっても、ベッドの角度を付けることによって、このベッドテーブルの上で食事などをとったりすることができます。大きさはそれほど大きくないものの、机の上ではないとなかなかできない作業を行うことができますから、病院などで積極的に利用されます。

 

作りとしては非常に単純ですし、デザイン性という意味でも、それほど多岐に及んでいるわけではありません。しかし、非常に便利なものであることは確かです。また、自作もできますね。

 

私は諸事情があり、1か月ほどベッドから原則でない生活を続けていたことがあります。このときに、このベッドテーブルがあれば便利でしたでしょうね。